清水小場から大葉山・1056m

日 時  2016年 3月16日(水)  晴れ

目 的  残雪の山散策

同行者  な し

地形図  龍 谷

コース   清水小場~冠岳~浄法寺山~大葉山~浄法寺山~冠岳~
       つつじヶ原~清水小場

タイム   清水小場(54分)冠岳(1時間15分)浄法寺山(22分)大葉山
       (20分)浄法寺山(44分)冠岳(17分)つつじヶ原(31分)清水
       小場

メ モ   ◎登山開始9時14分  下山時間13時52分

       ◎例年なら今ごろは清水小場まで車で行けないが、小雪の今年
        は行けるのでは・・・そう思って小屋を出た。

       ◎予想通り雪は無く駐車場まで入れ、身仕度を整えると関谷さん
        のお地蔵さんにお参りをした。

       ◎展望台と冠岳を結ぶ稜線に出るまでは残雪は無く、稜線に出る
        と雪の上を歩くようになった。

       ◎凍てついた残雪に、古い何人かの靴跡が残されて、覆い隠す
        ように新雪が積もっていた。

       ◎倒木を跨いだり潜ったりしながら登って行き、ラクダの背を過ぎ
        て急登を登り切ると、順調に登って行けるようになった。

       ◎浄法寺山に設置してある展望台のデッキは出ていて、椅子が
        わりに腰を下し、360度の展望を楽しみながら一本立てた。

       ◎トレースは南丈競山へも大葉山へも着いていたが、残雪期に
        しか行けない大葉山へ向かった。

       ◎吹き溜りは膝まで潜る所もあったが一部で、新雪は富士写ヶ岳
        と変わり無く、20センチ程だった。

       ◎下った鞍部の狭い尾根は歩き難い箇所があったが、そんな事
         はおかまい無しに大葉山へ向かった。

       ◎山頂から高平山への稜線を眺めると、残雪が途切れることなく
        続いているので、早起きして来ればと後悔した。

       ◎下りはつつじヶ原まで残雪の上を歩け、その先は夏道を歩いて
        清水小場まで来ると、小さなカモシカが一頭出迎えてくれた。

       参考までに

       冠岳838m 浄法寺山1052.8m三角点あり 大葉山1056m
        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック